レストラン「SEI Restaurant」

sei.jpg鉄板焼き、焼肉やローカルフーズがバイキング形式でいただけるという「セイ・レストラン」まで、散歩を兼ねてメイン通りとなるKaselehlie St.をトコトコ。通りからちょっと奥まったところにある建物内観は、全体がウッディなもの。中央に長いキッチンカウンターがあって、大皿に料理が並べられていました。ただし、ツナの刺身以外はほとんどが揚げ物系。柑橘系をちょい搾って刺身をいただいたあとは止む無く、骨付きの鶏の唐揚げやら薩摩揚げ風の揚げ物でビールを進めることに。意外にヒットだったのがツナのカツ。タルタルなソースをたっぷりとのっけて齧りつくと、パサつくことなく旨味がじわんと零れてくるんだ。カニ足の入ったコーンスープと味噌汁の合わせワザみたいなスープを啜り切ると、もうすっかり満腹に。連夜の暴食で多少食傷気味なのかもね。「セイ・レストラン」は、日系人のオーナーとのことで、テーブルでご挨拶いただきました。”おせいさん”が創業者?なんて想像が膨らみます 。 「SEI Restaurant」 691-320-4266
column/01908

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*