すき焼き「人形町 今半」人形町本店で 牛めし遮二無二貪る箸

imahan.jpgノボリはためく精肉部の店頭を横目で眺めてから、横手の白い暖簾を潜ります。 1階のお席がいいのですが、待つことになるというので、 さっと下足を外しととんと階段を上がって案内のまま座敷へと進むとそこは、先客もない広間。 ぽつねんとして所在無い感じですが、仕方ありません。 仲居さんに読むようなフリをした品書きを戻し乍ら、 ちょっと威勢よく「牛めし!」と告げました。
仲居さんが注文を通す声が座敷から遠ざかると、想像以上にシンとしたりしてなんだか可笑しい。 しばしのち「おまたせ、いたしました」とドンブリが届きます。 蓋をパカリと外すと、それぞれの具材をそれぞれの頃合を推し測るように丁寧に煮込んだと思わせる椎茸、玉葱、長葱、そしてすき焼き肉が現れる。imahan02.jpgほどよく柔らかく上品にサシの入った肉に、 そりゃ~うまいわな~と思わず口をついて出そうになる感じ。 温泉仕立ての玉子を崩したりなんかしながら遮二無二箸を動かして、あっと云う間に食べ終えてしまうのがちと恥ずかしい(笑)。 こうしてみるとやっぱり夜の座敷でじっくりと「すき焼き極上」なんぞをいただいてみたいものですな。 できれば気の置けない社用かなんかで…。 「人形町 今半」人形町本店 中央区日本橋人形町2-9-12 [Map] 03-3666-7006 http://www.imahan.com/
column/01902

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*