チャイニーズダイニング「過門香」銀座本店

kamonka00.jpg光の柱が奥へと連なる一種幻想的な回廊の光景が印象的だった。そんな写真とともに、国賓クラスに料理を提供してきた特級点心師・厨房師による中国大陸料理を提供する店として紹介されていた。オープン当初は、間が悪かったのか実際に連日連夜混み合っていたのかは判然としないものの、3度トライして3度玉砕という状況だったのです。そのまま訪れることなく、早5年ほど。「ITOYA」での買い物ついでのランチに、ふらりと寄ってみました。写真にあったアプローチは、健在。ある程度手を入れているのか、インテリアに草臥れた印象を抱かせません。半個室風に硝子で仕切ったL字ソファーのひとつへ。エリアによってテーブル席、オープンキッチンに臨む円卓などが配されているようです。ランチメニューから「フカヒレあんかけご飯」をチョイス。安っぽいトロミにならず、強すぎる味に傾くこともなくて、あんの醸す滋味が素直に伝わる感じがする。時折するフカヒレの食感がフカヒレのあんであることを思い出させてくれる。うん、これはこれで悪くないぞ。ディナーには、5,000円から20,000円まで6種のコースが用意されていて、最上級の「三皇五帝」にはフカヒレ尾ビレ姿、スッポン、ロブスター、極上アワビ、大ナマコ、タラバ蟹、ツバメの巣、とこれでもかの高級食材が目白押し。だれかご馳走してくれないかなぁ(笑)。 「過門香」 中央区銀座1-10-6 銀座ファーストビルB1 03-3563-7900 http://www.ramla.net/luxury_restaurant/kamonka/
column/01881

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*