BEEF CURRY・STEW「シンセリティ」で 脂の甘さアト引くカレー

sincerity.jpgこういう路地ってやっぱり好きだなぁ、 ほんのちょっとワクワクするなぁ、 って感じの日本橋本町の路地に「シンセリティ」はある。 庇のアーチは、懐かしくさえあるデザインだ。 入ってすぐのカウンターに空席を見つけ、 そのまま腰掛ける。 2Fにも客席があるようです。
「ビーフシチュー」「ハンバーグ」「ビーフカツ」に「牛ソテー」、「ミックスフライ」に「海老フライ」「クリームコロッケ」とこれまた肩肘張らない洋食のラインナップ。 ひと通り悩んだ挙句、すぐ脇の寸胴に煮える「カレー」をいただくことに。 「玉」ものっけてもらいます。 小麦粉を使っていないか、使っていても少量のさらさらとしたカレーだ。 スパイシーさは志向せず、肉と野菜煮込みの延長線上にあるような洋食屋さんのカレーだね。sincerity01.jpg煮崩れた牛肉はすっかり旨味を出し切ったあとの出汁ガラのようではあるけれど、脂の甘さがアトを引く感じ。 生玉子のコク味もまぜまぜして楽しむ。思わず和んでしまうぞ。 「シンセリティ」は、お向かいの高級ステーキ店「レストラン誠」の系列展開らしい。 お忍びで、こんな路地の看板のない店でステーキを頬張る著名人もいるんだね。 「シンセリティ」 中央区日本橋本町1-4-5 [Map] 03-3270-1099
column/01869

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*