西安料理「刀削麺園」

tosomenso.jpg中華そば「萬福」の向かいにできていた「刀削麺園」に寄ってみる。飯田橋の「刀削麺荘」でシャッシャと麺を削るパフォーマンスに「へ~」と感心したものだけれど、その後「刀削麺酒家」やら「刀削麺菜館」やら「西安刀削麺」やらと、”刀削麺はウケル!”と着眼した類似店がにょきにょきと生まれていて、すっかり珍しいものではなくなってしまっているよね。そのうち「元祖刀削麺」とか「刀削麺飯店」「刀削麺苑」「厨師刀削麺」なんて名前のお店ができていてもオカシクない。で、こちらは「刀削麺園」。カウンター席にちょんと座って、「坦々刀削麺」をお願いしました。見た目かなり赤いですが、意外と刺すような辛さはおさえられていて、一度だけコホコホした程度。胡麻ペーストたっぷりかというとそれもほどほどで、微妙にサラリとした感じさえも抱かせる。パクチーもあまり気にならず、麺のもっちりくっちゃりも悪くない。バランスのいい仕立てにはなってるね。定番の「麻辣刀削麺」に、ニンニク使ったスタミナ系「油波(ユーポウ)刀削麺」、白髪葱と細切りチャーシューの豆板醤和えをトッピングした「葱油刀削麺」なんてのもあるようです。 「刀削麺園」 中央区銀座3-12-1 03-6807-6366
column/01856

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*