洋食・カフェ「ルー・ド・メール」で ハンバーグカレー記憶に残る皿

loupdemer.jpg「ルー・ド・メール」は、神田外語学院の建物がそこここに建ち並ぶ内神田エリアにあります。 以前足を運んだ時は、 店を挙げてのイベント出張のための臨時休業で、その貼り紙を見て脱力した覚えがありました。今日は無事、通常営業のようです。 お昼メニュー筆頭の「北海道産黒毛和牛カレー」「ドライカレー オムレツのせ」、そして「甘口鴨カレー」「味噌ポークハヤシ」なんかも気にかかる。 さてなにをお願いしようかな。
あれこれ悩んで結局、やはり当初からお目当ての「ハンバーグ・カレー」をお願いすることとしました。loupdemer01.jpg 白いプレートにまず麗しい赤褐色のカレールーが敷かれ、左手に蕩けたチーズののったハンバーグ、その右手にフライドエッグ、奥にライスの小山が控えるというレイアウトになっています。 辛さはひとつのエッセンスにとどめ、下地の旨味に甘さや酸味が層を重ねてくるような欧風カレーで、コクがありつつベトつかない。ハンバーグは、ぎっしりと挽肉が詰まっていながらほどよくジューシーで、香り高い。 いいね、こういうのも。 「ルー・ド・メール」は、京橋「ドンピエール」の鈴木シェフがMyキッチンを兼ねた洋食カフェとして開いた店だということで、店全体によりカジュアルな志向が窺えます。 メニューには、焼酎・日本酒のラインナップもあり。 店名の「Loup de-mer」はフランス語で、海のオオカミ=スズキという意味らしい。 駅のホームでふと今しがた食べたカレーの皿を反芻するように思い出したら、すぐさま涎が出てきてしまった。 記憶に残るひと皿なのかもしれないな。
「ルー・ド・メール」 千代田区内神田2-14-3 03-5298-4390 http://www.perignon.co.jp/  
column/01834

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*