CHICKEN「とりかつ」

torikatsu.jpgこんなところにこんな路地があったんだね。百軒店の道頓堀劇場(閉場した?)の向かいのアダルトショップの脇道。その脇道を入ったところに「とりかつ」はあるのです。古びたマンションの1階奥。明かりを灯す看板がいくつもあるからよいものの、これが控えめだったら初めて来るヒトはちょっと身じろぐかもしれないな。ぐるりとカウンターが巡る店内中央に。あれこれ迷って、「とりかつ」「メンチかつ」「オニオンフライ」の3品盛り合わせをいただきました。まず「とりかつ」。ジューシーな鶏の身に香ばしい衣がきちんと一体となっていて、なかなかよろしい。味がついているのか、なんにもつけなくてもOKって感じ。「メンチかつ」は、玉葱のみじん切りが沢山入ったツクリ。お肉がっちりでは、ない。「オニオンフライ」はお約束の玉葱の甘味がほどよく引き出されていて、悪くない。「はんぺん肉入りフライ」とか「厚揚げ肉入りフライ」なんてのも気になるゾ。それにしても、たまたまなのかなんなのか、やってくる客は若年性カップルばかり。ま、少なくとも「とりかつ」店内には色っぽい雰囲気はぜんぜんないけどね。 「とりかつ」 渋谷区道玄坂2-16-19都路ビル2F 03-3461-0298
column/01832

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*