森のレストラン「松本楼 grill room」

matsumotoro.jpg暖かな春の陽光の中ガーデンテラスでランチと洒落こもうと、「10円カレーチャリティーセール」でも有名な日比谷公園内の「松本楼」へ足を運んでみました。噴水の脇では胸元にでっかくて赤い蝶ネクタイをくっつけたせんだみつおがロケの真っ最中。そう云えば最近TV番組では見かけないなぁと思いながら「松本楼」の建物まで辿り着くと、1階のGRILL ROOMの入口にはなにやら席待ちらしき列が…。適当に閑散としたレストランをイメージしていたので、その意外な混み様に踵を反すも、他にアテがないことに気がついて、止む無くその列に並ぶことに。なにがなんでもテラス席というヒトは待ち時間が長いようですが、室内でもと諦めればそう待たずに案内されるようです。「オムレツライス」や「ビーフシチュー」なんかもいいかなぁと思いながら、「ハイカラビーフカレー」をお願いしました。メニューでは、”松本楼のハイカラ料理”に分類されています。明治36年に洋式公園の第一号として開園した日比谷公園と同時にオープンしたという「松本楼」。往時、「松本楼でカレーライスをいただく」というのは実に”ハイカラ”なことだったのだろうねと、微笑ましい。カレーは、デパートの大型食堂でいただけそうな、あー洋食屋さんのカレーの缶詰ってこんなんだよね、というもの。どこか懐かしさを思わせて和みます。見回せば、日比谷公園を散策してからお昼を「松本楼」でというオバサマ方のお客さんも多いようです。 「松本楼」 千代田区日比谷公園1-2 03-3503-1451 http://www.matsumotoro.co.jp/
column/01829

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*