焼肉「岩崎塾」本店

iwasakijuku.jpg風俗店やラブホも混在する雑然とした曽根崎一丁目界隈のその一角に「岩崎塾」はあります。決して清潔感漲る店内とは云えませんが、テーブルを刳り貫いたスタイルのコンロから、天井から管を回して真上から排煙するシステムに変更した様子で、思いの外服や髪につく臭いも気にならないようです。しっとり柔らかい「塩タン」のあとは、「上ロース」「ロース」「上ハラミ」。そしてステンレスボールにいっしょ盛りの「上ミノ」「テッチャン」「ハチノス」「ハート」などなど、さらには「赤セン」に「マメ」と怒涛のホルモン尽くし。野菜の焼き物なんて一切たのまないところが潔くオヤジらしい。尿酸値の心配してるヒトがビール呑んで内臓喰ってていいのかなぁと多少心配ではあるが…。定番「眞露」を呑み干して、「テールクッパ」を分けとって大団円。もっとも、ひとりで「クッパ」平らげて辛味味噌で「豚足」しゃぶってたオッサンもいた。やっぱり体調が心配だぁ。ちなみに「マメ」とは、腎臓のことで空豆に似ていることからそう呼ばれているようです。 「岩崎塾」本店 大阪市北区曽根崎1-7-22 06-6363-2215  http://www.fides.dti.ne.jp/~iwasakij/
column/01811

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*