韓国銘菜料理「清香園」

seikouen.jpgレギュレーターのオーバーホールのためにショップに寄ったその足で、南平台交差点近くにある焼肉の「清香園」で夕食してみました。店頭には、使用肉の原産地・品種・個体識別番号が表記されています。クッパあたりをズルズルっと啜って済まそうと思っていたのに、案内されたテーブルにはすっかり炭が熾きていて、思わず「ビールにナムル、えっと、上ハラミ!」と云ってしまった。ナムルをツマミにビールを舐めつつハラミを一切れ食べて、おーウマイじゃんと思ったところへ、どーん。早くも「得々クッパ」がやってきてしまった。韓国料理で客が食べ進むペースを考えてくれ、というのはチト無理か。注文時にそうお願いしなかった失策だよな~、などと思いながらビールとハラミを平らげて、その大きなどんぶりへと挑みます。カルビクッパ・コムタン・ユッケジャンクッパ、そしてトック、とスープのすべてをミックスした欲張りなスープご飯だと解説されている。確かにコムタンの牛テールの塊も入っていれば、トックの韓国餅も入っていて、野菜類も満載だ。ユッケジャンの赤色辛味スープがどうかというと、ん~、下地のスープに肝心の旨味が足んない感じ。この表情にしてあっさり仕立てを意図しているとも思えなくってちょぴり残念な心境になってしまった。結局全部食べちゃってお腹パンパンにするんだけどね(笑)。隣のテーブルで、如何にものオヤジがロシアンと思しきお水系の女性と焼肉食ってて、聞き耳立てずとも入ってくるその会話の、あまりの噛み合わなさに吹き出しそうになって、ヤバかったことも記しておこう。 「清香園」 渋谷区道玄坂1-20-2 石橋ビル 03-3461-6388 http://www.dougenzakaseikouen.com/
column/01795

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*