そば処「八丁庵」

hacchoan.jpgこんなところにそば屋さんがあるとは知らなかったな。そう真新しい店構えではないので、八丁堀に根付いているのですね。オーダーのイメージの湧かないまま暖簾を払うと、意外や結構混み合っているのにちょっぴり驚く。へー。お品書きの中に、「カレーせいろ」を見つけ、早速、おそば大盛りでとお願いしました。あれれ、なかなかの大盛りだ。そうすると普通盛りでもそこそこしっかりしたボリュームはありそうだぞ。しっかりした盛りが、混み合う状況の所以なのかもしれないな。頭の中が茅場町「藪平」のイメージな所為か、つけカレーがちょっと塩辛い。というか、カレーと合わせるツユの割合が多いのか醤油の味がはっきりと分かる。そして、とろみは少ない。ん~。半分ちょっと、せいろのそばを食べ終えたところで、あろうことか、つけ汁がなくなってしまった。止む無くオバチャンに声をかけて、お代わりしてもらう。無理にたっぷり浸けたり、つけ汁だけ食べたりしていないので、大盛りの場合のつけ汁の量が計算されていない、ってことになるね。しかも、とろみが少ない分つけ汁がすぐに冷たくなってしまう。図らずも、「藪平」の「冷たいカレーそば」の、ジャンクなりの完成度を推し量ることとなりました。 「八丁庵」 中央区八丁堀4-9-10館ビル1F 03-3552-9078
column/01788

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*