新橋・牛かつ「おか田」

okada.jpgニュー新橋ビルの行列店「おか田」に寄ってみる。正午ちょっと前の時間には、10名を越える空席待ちだ。ドアに貼られた「30秒で揚がります、お待たせしません」という貼り紙に微笑ましいものを感じてその列の最後尾につきました。確かに回転がそう悪いことはない。しばらくして、ひと時代前の手狭な喫茶店ような店内のカウンターへ。代表メニューと思われる「ビーフランチカツセット」をお願いしました。牛カツの衣は、微細なパン粉でカラリと揚げられていて、もう一歩で焦げ臭くなりそうなぎりぎりの香ばしさ。牛肉は、中央へかけてレアレアの赤のグラデーション。蠱惑的な光景だぁ。…あれ?。お皿の右隅に練り山葵が添えられているのは、なに?。ふと隣のオヤジを見ると、カツにその練り山葵を塗ったくって一心不乱に食べているではないの。ここではそんな作法なんかなぁとふと店内の貼り紙をみると、その旨書いてありました。まずは例によって醤油だけで喰らってみる。ははぁ。衣軽妙なカリカリと中のレアな牛肉の食感と旨味が絶妙で、こいつぁうまいや、と膝を打つ感じ。オリジナルソールを試してみるが、これは好みではない。後半は、お達し通り、カツの一片を横にして、レアな牛肉部分に山葵ののせ、醤油をちょんとして喰らうパターンに。一瞬マグロの赤味を食べているかのような錯覚にも囚われるけど、ン~、並ぶ甲斐はあったとひとりごちるのでありました。 「おか田」 港区新橋2-16-1ニュー新橋ビルB1F 03-3502-0883
column/01784

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*