ビストロ風フランス料理とワイン「Bistrot Poupille」

poupille.jpgスカイライズタワーにある小さなビストロ「プピーユ」にお邪魔してみました。全席12席。このぐらいがちょうどいいハコなのかもしれませんね。まずは「こぶし花ビール」の「グラン・クリュ」と「ピルスナー」を試してみる。羽生市の「キヤッセ羽生」という公園内の醸造所で作られている麦芽100%の地ビールだそうで、濃い味ながらすっきりとフルーティな前者とホップの苦味と香りがほどよい後者とそれぞれになかなかイケル。「シェフズディナー」の口開きは、墨烏賊を使ったアミューズ。続く前菜は、「沖縄フルーツトマトとパルマ産ガローニの生ハム、菜の花のサラダ仕立て」。フルーツトマトの心地いい甘さを菜の花のほろ苦さが際立たせる取り合わせで、悪くない。ここで、店名ワイン「プピーユ」のセカンドラベル、「シャトー・プピーユ 2001」を抜いてもらいます。ミディアムボディに適度な渋みが利いている、お手頃でおいしいワインだ。メインのお魚篇は、「三陸ホタテ貝柱のソテーと森田ファームのホウレン草のパイ仕立て」。周囲をカリカリッと焼き目をつけて中はしっとりというホタテは、素直に旨い。パイとホタテとの連携がうまく図れればもっと良かったかもね。そしてお肉篇として、「仔羊背肉のローストと北あかりのソテーと」のお皿が届く。厭味のない野性味が柔らかい骨付き肉から噛むほどに溢れてきて、それに負けないバランスのソースが味の膨らみを添えてくる。うんうん。正方形に切り出されたプリンのデザートは、甘さ控えめなところにカラメルの仄かな苦味が寄り添うもの。所沢の食の土壌では、連日予約で賑わうという状況はそうそう想定し難いかもしれないけれど、希少なフレンチのお店として頑張ってほしい、そんな一軒です。 「Bistrot Poupille」 所沢市御幸町1-16スカイライズタワー205 04-2924-2356 http://www.poupille.jp/
column/01778

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*