魚創作料理店「魚河岸三代目 千秋」

chiaki.jpgビックコミック連載の「築地魚河岸三代目」から派生的に生まれた店だという「千秋」に寄ってみました。何度か前を通りかかったものの、どうも”漫画をネタに作っちゃったお店”という部分になんとなく抵抗を覚えて、二の足を踏んでいたのです。店頭のランチメニューから「中とろ丼」を選んでから、暖簾を払いました。「中とろ丼を」と告げると、店主が「今日は、大とろがあるんです。いかがです?」と云う。連れは早くもそう決めているし、薦められると弱いので、「ん~、ではそれで」ということに。届いた「大とろ丼」は、小ぶりのどんぶりに薄く包丁を入れた鮪トロが6片敷き詰められているもの。山葵醤油をかけ回して喰らいつきます。意外とさっぱりとした蕩け具合で、うん、悪くない。にぎりとなると妙に分厚い鮪は如何にも無粋な気がするけれど、どんぶりにのっかってくるともう少し厚さがあったら嬉しいかなぁとも思ってしまう。高さも奥行きもあるサクから切り出しているので、大きさは十二分だけどね。訊けば、ボストン沖の冷凍本鮪だそう。あんなところから遥々やってくるんだ~。セットのお椀は、「ねぎ鮪汁」。店内にコミックのキャラクターが貼られていたりすることはなく、思いのほか端正な佇まいでありました。 「魚河岸三代目 千秋」 中央区築地4-7-5築地KYビル1F 03-3543-8700 http://www.3daime.jp/
column/01773

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*