西洋御料理「銀圓亭」で 殻のせ的矢産カキフライ旨いのなんの

ginentei00.jpgその名を聞けども、その所在を知らずにいた彼の「銀圓亭」を通りすがりに見つけました。 ここにあったんだ~。 大きな看板、出ているでないの。 地階へと降りる階段の手前に置かれたスタンドに、ランチメニュー2品が掲げられていました。 その内の一方が、「的矢産 カキフライ」。 お~いいじゃん、と思った一瞬の後、値段を見てフリーズ。 流石、某国の総理も訪れるという西洋料理の雄の一店は、ランチのカキフライといえどもそうお安いものではありません。
なんだか敷居も高そうだし…、と檻の中のサルのように建物前を右へ左へしてから、意を決するように階段を下りました。 落ち着いた照明の中、これまた落ち着いた調度の店内を、ザ・オープンキッチンとでも呼びたくなくなるほどにアケスケな厨房に対峙するカウンターへと案内されました。 正面奥の鍋では、パン粉を落としては油の温度を確認しつつ牡蠣の身を投じる様子が窺えます。 お~。牡蠣殻にのせられてやってくる牡蠣フライを拝むのは初めての体験だ。 ginentei01.jpg 細かなパン粉を皮膜のように繊細に纏った牡蠣。 レモンを軽く絞りってから殻から降ろし、ナイフで半分にしてから小さなソースパンで別添えされてきたタルタルをのっけて、口へ。 ありゃ!! これがね。 旨いのなんの。 作りたてのバターのようなピュアでクリーミーなタルタルが利いている。 説得力のある美味しさって感じなんだ。 値段ばっかり立派な古色然とした洋食屋さんなんじゃないのー、とちょっぴり疑っていたのがなんだか恥ずかしい。 ほかでは僥倖を得られない衣といい、絶妙なタルタルといい、「銀圓亭」全くもって侮り難し。 厨房を含めた店全体に漂う、毅然とした自信が清々しくも頼もしい。 たっぷりと使いたくて、タルタルのミニソースパンをお代わりしてしまいました。
「銀圓亭」 中央区銀座6-14-2銀座野田ビルB1 03-3541-1991 [移転]
column/01772

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*