食堂「玉川」

tamagawa.jpg8号館の隅にある「玉川」。魚がし横丁の中にあって、より雑然とした様子の店内が硝子越しに認められます。奥のカウンター席は、大声でがなり合う河岸の男衆らしきオヤジたちで夜半過ぎの居酒屋のような雰囲気になっていました。市場時間ではそういうことなのでしょうね。とはいえ、そこには交じれないので、入ってすぐの隔離席の丸椅子に腰を下ろしました。刺身・煮物・焼物と揃う品書きが読み難く、ん~と解読していると、「お刺身なら盛り合わせがいいわよ、ね、ね。」とオバサマのオススメ。「で、ではそれで」。奥ではさらにボルテージが上がってきています。まず小皿がふたつ届く。おろし生姜はそれとして、どろ~ンとゆるい粘土のようになった粉山葵がちと悲しいな。盛り合わせは2品。かじきまぐろ刺しとあじ酢です。解凍にぬかりはないとは思うもののどこか水っぽい印象のかじき。一方あじは、ちょい〆加減で悪くない。もう少し大ぶりに刻んであるといいかも。お椀が塩辛いなぁと思いながらふとカウンターを見ると丁度、さっきのオバサマが客然としてビールをぐいと呑み干すところでした。居酒屋ならよくある光景だし、かえって河岸らしいなんて思う。そう考えて改めて店内をみると、観光地でない築地市場がそこにあるようも映る。小汚いけど出るもんは旨い、と云えたらよかったのだけれど…。 「玉川」 中央区築地5-2-1魚がし横丁8号館 03-3541-1350 [閉店]
column/01768

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*