江戸前「岩佐寿司」

iwasa.jpg相変わらずの賑わいだなぁと場内の行列を横目にしつつ、1号館へ。暖簾を払って「岩佐寿司」の店内を覗き込むと、おねえさんが指を1本立てた仕草を示すのでこっくりと頭を縦に振る。外からは窺い知れない空席にすんなりと収まることができました。「貝づくし、をお願いします!」。鳥貝に赤貝に海松貝、帆立の軍艦などの貝類七かんに巻物、お椀がついて3,300円というものです。ひとつひとつ食感や香りが違うものの、朝食ヌキだった所為かそれぞれをじっくり味わう間もなくバクバク一気に食べてしまう。旨いというよりただ満腹という食べ方になっちまったな。ひとつ、硬めの食感で小ぶりなおせんべいサイズのネタで海苔の帯をしたもの(=たいらがい)があったのだけれど、あれってなんだろ。白身ほどではないにせよ、貝類も判んないものがまだまだ多いやね。 「岩佐寿司」 中央区築地5-2-1魚がし横丁1号棟 03-3544-1755
column/01716

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*