かき「銀座 かなわ」で 殻付かきかき浜焼きかき天麩羅かき土手鍋

kanawa.jpg毎年一度、ひょこりと覗いてみては満席に諦めることの繰り返しでした。 この改め、たまたま空いていたりしないかなぁと訪ねると、もうすぐ小上がりが空きそうだという。 それならちょっと待とうかと、店先に出された折り畳み椅子に座り込む。 ところがその小上がりのオバチャン4人組が食事はすっかり終わっているのに、湯呑みを抱えたままお喋りに余念がない。店側も追い出すような感じにはしたくないんだろね。 で、結局30分以上も待ってしまった。やれやれ。
牡蠣づくしの手始めは、「殻付きかき」。kanawa01.jpgしっかりサイズでクリーミーな生がきだ。 「かき浜焼き」は、卓上に持ち込まれた七輪で焼くもの。kanawa03.jpg殻の温度が上がるにつれ、その殻がなかなかの勢いで弾けるんだ。 吃驚して注いだばかりのお猪口のお酒をすっかり溢してしまったもの。 牡蠣はフライが一番合う、なんて思っていたけれど、「かき天麩羅」なんてのも悪くない。kanawa02.jpg力強さはないけどね。 で、やっぱり「かき土手鍋」を。 赤味噌が溶かれた鉄鍋がやってきました。kanawa04.jpgあれ、“土手”はどこに?。 広島発の本格土手鍋は、きっと“土手”を作るんだろうと思い込んでいたら、どうやらそれは勝手な思い込みだったらしい。ちょっと騙されたような心持ちもしたりする。ま、いっか。 雑炊まで綺麗に平らげて、満腹であります。 やっぱ、温まるね。 「銀座 かなわ」 中央区銀座5-2-1 東芝ビルB2 [Map] 03-3572-2325
column/01715

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*