手打そば・うどん処「蕎羅」

sora.jpg通りすがりの客が訪れる機会はそうそうないだろうと思われる路地に沿った長屋の一角。私有地であることを示す表示物の陰に隠れるようにして「蕎羅」の暖簾が風に揺れていました。テーブル4卓ばかりの、あくまで素っ気無い造りの店内が、飾り気のない実直な店主の姿勢を滲ませているようも感じさせます。目当ての「カレーうどん」を30g増しでお願いしました。茹で上がりを待って届いたどんぶりの、カレー汁をひと口。にゅろん、という感じがするほどに片栗系のトロミがなかなかに強い。エッジが立った、硬すぎず柔過ぎずの絶妙のコシツキの饂飩にそのトロミの強いカレー汁が量感たっぷりに纏ってくる。蕎麦屋のカレーに多い、醤油味が主張しない分、一段格調高い仕立てにも思えます。辛味ほど良く、でも食べ終われば汗。「蕎羅」を満喫するには、ボリューム充分というお蕎麦もいただかなければなりませんね。また次回です。 「蕎羅」 中央区月島1-26-9 03-3531-9663
column/01684

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*