Bar「Panacee」

panacce.jpgあいおい損保の前から恵比寿2丁目信号へと抜ける通り沿いのビル2階に「Panacee」はあります。オーセンティックな香りがしっかりと漂う、素敵な空間です。何気なく「グレンリベットとかは」とお願いすると、マスターが少し申し訳なさそうな表情でボトルを見せてくれる。ボトルのラベルには、1892年と記されているでないの!。その120年モノを供しようとすると、購入金額を念頭考えれば1杯あたり8万円ほどいただかなければと、マスターは云う。それゆえいまだ未開封のまま。誰がいつ、どんなシチュエーションで開けるんだろうね。代りに「グレンフィディック」を(笑)。「ABERDEEN BOWMORE 12年」なんかも加えてグラスを重ねたら、それでもそれなりの金額になってしまう。Single Maltの香りに鼻腔を擽らせつつ過ごすゆったりした時間は、なかなかに贅沢なものでもあります。 「Panacee」 渋谷区恵比寿1-25-3 2F 03-5791-9040 http://www.lapanacee.com/
column/01675

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*