天ぷら「いしい」

ishii.jpg「昔ぁ、この辺りを小田原町って呼んでたの、ご存知で?」。厨房の大将は、多少手元も疎かに、聴き入る三人客に向けて界隈の文化歴史を繙いては披露も忙しい。時間がかかりそうだなぁとは思いつつ、下町情緒の一端に触れた気になってそのままゆっくり天ぷらの揚がりを待つことにします。「穴子」と云いかけたところをぐっと堪えてお願いしていたのは、「かき揚げ定食」。ぼんやりと塩で食べるつもりでいたものの、女将さんがドンと天つゆを出してくれた勢いで天つゆたぷたぷで食べ始めてしまった。こうやって食べると、衣と身がバラバラグズグズになって、なんともジャンクな代物になりかけてしまう。幾度となく後悔したことがあるのに、またやってしまった。塩で食べるにしても、箸で割ろうとするとなんだかんだグズグズになるし、かといってそのまま齧るってのもなんだし。なんだか難しいや(笑)。今度は「穴子天丼」にしーよぉっと。 「いしい」 中央区築地6-3-8 03-3541-8474
column/01666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*