焼き鳥・鳥料理「宮川」

miyagawa_gi.jpgアクリルの看板を見上げたのは、観世通り。「鳥 宮川」とある。すぐ連想したのは、茅場町の宮川=から揚げ、の図式。負けじ劣らじの唐揚げが食べれたら嬉しいな、と早速階段を下りました。極々ありがちな焼鳥屋、居酒屋の風情を見せる店内。入口すぐのカウンター隅へ。届けられた「唐揚定食」のから揚げは、残念乍ら茅場町3丁目「宮川」のものと比べてしまうと明らかに見劣りがしてしまう。粉たっぷりに高温で揚げた、カラっとした外回りとジューシーな中身という醍醐味がないんだもの。鳥屋であるところを一番実直に表現する”鳥スープ”のサービスはなくてお椀は味噌汁だし、つけ汁もぼやけた調子に思えてしまう。嗚呼。ま、そうは云っても銀座で30年以上の歴史を積んでいるという老舗店。夜にはそれなりの賑わいをみせているのでしょう。訊けばやっぱり、茅場町から仕入れをしていて、関連はあるそうです。 「宮川」 中央区銀座2-6-15吉田ビルB1 03-3564-2852
column/01660

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*