旭川ラーメン「さいじょう」

saijo.jpg小糠雨の中、久々に「品達」に寄ってみる。これまでのラーメンパビリオンの変遷通り、ピークを過ぎた館内は閑散として哀愁が漂っていました。未食の旭川ラーメン「さいじょう」へ。他に客はひとり。”伝説の塩スープ”と謳われている「伝説の塩ラーメン」に温泉玉子を添えてもらいます。所謂澄み切った塩スープではなく、薄口醤油を溶いたかのような褐色の塩スープだ。啜る。大雪山の水を使い、15種類以上の具材をじっくり煮込んだという旭川直送のスープは、口上にもあるように、さっぱりした中にもコク・深みが感じられて悪くない。そのスープに較べると、麺や煮豚、支那竹、ナルトなどアイテムが旧態然として素っ気無いのが残念だ。「ブラックシリカ」という、遠赤外線を放出するという天然鉱石をドンブリに使っていて、その色々な効能が列挙されているけれど、その実効を考えるとちょっと怪しいよね。そこから派生して、ラーメン自体も怪しく思われたりしないか余計な心配をしてしまいます。 「さいじょう」 港区高輪3-26-20品達内 03-5475-3955 http://www.shinatatsu.com/
column/01641

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*