洋食・醸造酒「榮庵」

eian.jpg店名の入った入口脇のプレートには、「洋食」の文字とともに「醸造酒」の文字。単なる洋食屋に留まらず、お酒を美味しくいただく環境にも自信がありそうに映ります。店内は、右手にL字のカウンターがレイアウトされ、席数12脚。奥から、と案内されます。メニュー筆頭の「ハヤシライス」をお願いしました。カウンター卓上の各席の前には、天板が刳り抜かれてワインクーラーが空のまま収まっています。客人各人にこんな準備がなされたお店は他に知らないね。ガラスケースから取り分けて盛り付けられた「タップリサラダ」は、レタス、胡瓜、インゲン、ブロッコリーなどの野菜からポテトにコールスロー、そして浅葱ののった小ぶりな冷奴、茹で玉子などなどの、確かにたっぷりとした量感のもの。不思議と飽きずに食べ切れる。どうしても不足する野菜が充分補えた気分になるね。続いて「ハヤシライス」が届く。濃厚に煮込まれたというよりも、焼き目のついた玉葱や牛肉の形もはっきりとして煮崩した様子はない姿。ソース自体も比較的さらりとした印象で、その中にコクがあるタイプ。ところが、肝心の旨味が欠ける気がする。さらりとした印象にも拘らず、食べ進むうちにしつこさを感じてしんどくなってきてしまった。体調がよくなかったのかなぁ。お隣が注文まれた「シーフードパスタ」は、魚介がゴロゴロと入ったトマトソースのオトコっぽい一品で旨そう。ワインをお供にした夜の部の様子を垣間見たい気もします。 「榮庵」 中央区銀座3-9-18東銀座ビル1F 03-3248-5471
column/01640

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*