RESORT & RESTAURANT「CARP ISLAND」

carp.jpg翌朝のコロールは、雨。本気で降ってる。ボートコートの上か救命胴衣を着けていても、土砂降りも構わずスピードを増す船の上では、雨粒が痛く肌寒い。ロックアイランドを抜けてしばらく。漸くカープ島にやってきました。南の島らしい陽光に照らされた桟橋を渡る光景を想像していたので、ちょっと拍子抜け。お天道様のことばかりはしかたないやね。台風18号のベイビーが居座っているらしい。そのまますぐ1本目をエントリー。5日間の小さな島での毎日がスタートしたのでした。桟橋の先に見える赤い屋根の母屋がリゾート唯一のダイニング。昼夜とも、常に開け放たれ扉さえない窓から海の様子を眺めながら、和風とも中華風ともバリ風とも洋風ともつかないミクロネシアン無国籍バイキングをいただきます。風が収まり晴れ渡れば、もう南の島の楽園。部屋の鍵さえないのんびりとした島の毎日。世界的に有名なポイントを至近に置く。いやぁ、いいな、ここ。また来ます。これでご飯がもっと美味しかったら、さらに◎なんだけどな。 5日間11本のダイビング中のスナップは、コチラ。 「CARP ISLAND」 680-488-2277
column/01628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*