比内地鶏 炭火焼「がいがい」

gaigai.jpg「ENOTECA KIORA」の向かい、「グリル満天星」を地階に擁するビルの1階に「がいがい」はありました。 左横手からのアプローチは暗く怪しげ。 ふたつの硝子ドアを抜けて予約済の旨を伝えると、あろうことか”聞いてません状態”で、見渡すコの字のカウンターは満席。当日予約にも拘らず、「大丈夫ですよ!」と容易く席が確保でき、しかも連絡先も聞かれなかった。そんな空いてるのかと気が抜けたところもあったのに、行ってみたら「聞いてない」はないよな。 発信記録にある電話番号には間違いはない。もうなんかテンション下がる感じ~。ぷんぷん。 意地でも帰らんという表情をしていると(笑)、右手のテーブル席が提供されました。まーいっか。 喉が矢鱈と乾いているのにもうビールはいらない、という状況で何を呑んだらいいのか迷う。 困った挙句にモノは試しと「天然柚子の蜂蜜ハイ」にしてみる。 ほう、甘さちょっぴり酸味ほんのりで柚子の香りが抜けていって、悪くない。喉渇きも手伝って、ごくごく呑んでしまう。一応お酒なのにね。 比内地鶏の「もも肉のルイベ」、表面を軽く炙った「火取り明太子」、「地鶏玉子の出し巻き」、炭火串焼きで「きねつき餅の肉巻」「薩摩豚キムチ」「トマト巻き」などをいただきます。 どれも普通に食べてればそこそこイケルのにと思っても、中途半端なお腹具合と出鼻挫かれの影響が残念だ。ん~、これからは無理矢理にでも連絡先を告げるようにしよう。 夕立に祟られた、日の出埠頭から観る「東京湾大華火祭」からの足で。
「がいがい」 港区麻布十番1-3-1アポリアビル1F 03-3586-3335 http://www.gaigai.jp/
column/01598

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*