TOKYO NOODLE「六坊」で まっち棒似のチャーシューメン

rokubo.jpg 渡辺樹庵がプロデュースしたという新店で、「渡なべ」からもほど近い、早稲田通り沿いの「六坊」まで足を運んでみました。 コンクリート打ちっぱなしテイストで全面を覆い、ほの青いバックライトのサインにもラーメン屋らしさは感じられず、思わず通り過ぎてしまいました。 19時を回った時間帯にもかからず、先客はなし。
むむむ、と思いながら、券売機で「チャーシューメン」を。 ガランとした店内に店員ひとりが応対しています。 届いた小ぶりのどんぶりからスープをひと啜り。rokubo01.jpgとろりとした粘度のあるスープにすぐさま浮かんだのが「ほとんど、まっち棒じゃん!」。 「まっち棒」ほどエキセントリックなインテリアではないものの、和歌山ラーメンをも髣髴とさせる濃厚系のスープとらしくない内外装。”プロデュースしました感”を打ち出さんとするあまり、本質的な、旨いかどうか、がどこかに押しやられてしまった印象だ。 夏バテしているつもりはないのに、ちょっと残してしまいました。 はて、どのあたりが”TOKYO NOODLE”なんだろう。 店を後にし、ふと振り返って気が付いた。ここって、「黒蘭」があったところと違う?。
「六坊」 新宿区西早稲田2-18-21 03-3209-5613
column/01592

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*