Trattoria「Baffo」で スパゲティ牛肉とキノコのオイル和え

baffo.jpg  マガジンハウスの裏手路地にあるトラットリア「Baffo」。 毎朝オーナーシェフ自らが築地で仕入れる魚介類を使ったアラカルト、そして薪窯焼き料理が特筆されるという。 でもPRANZOの記された黒板には、その片鱗が余りみられないのが、ちと残念か。
素直に「スパゲティ 牛肉とキノコのオイル和え」をいただきました。
牛肉、キノコよりもグリーンピースが目立つ外観も、しっかり乳化したオイルソースが悪くない。baffo01.jpgガッツリ食べたい男子諸兄には物足りなくも、OLウケはいいかもしれないね。 店内を見渡せば、やはり女性客が大半を占める。髭が似合い、雰囲気をもったシェフのファンも多いのかな?
「Baffo」 中央区銀座3-12-5 アサショウビルB1F 03-5565-6139  http://www.baffo-96.com/
column/01583

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*