和麺屋「長介」で 長介つけ麺山芋のつけ汁そば湯とご飯

chosuke.jpg表情のある呑み屋が連なる新橋の路地に、 「長介」はありました。 10人も腰掛けられない小体なお店です。 暑さと湿気の残る中ゆえに、らーめんを避け、「長介つけ麺」をお願いすることに。 白髪葱と刻み海苔の載った麺の下が、なにやらスープらしきものに浸っている。 といって、麺になにかを既に絡ませてあるという様子は一見、ない。どういう訳だろう。 一方、浅葱やら香味葱やらが浮かんでいるつけ汁をよくよく見ると、千切りの白い物体も沢山浮かんでいる。 箸で摘み上げて口に含んでみるとそれは、山芋だ。 微かなトロミを与えてはいるものの、細く細く刻んでしまっているので、それをそのまま意図したものなのかは定かではない。 ただ、酸味や辛味に頼らないつけ汁は好感だね。chosuke01.jpg麺にもう少しもっちり感があったらな、というところでしょうか。 一気に麺を啜って、ここでは「そば湯」と称しているスープ割りをお願いすると、小椀に盛られたご飯がいっしょに届く。ん?最近あちこちでやってしまっているご飯投入が「長介つけ麺」ではあらかじめセットになっているのでした。 うん、旨い。結局スープも飲み干すこととなって、すっかり満腹。 中盛り、ましてや大盛りにしなくて正解だ。 「長介」 港区新橋4-11-5 池野2号ビル 1F 電話番号非公開
column/01547

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*