天麩羅「黒川」で 軽妙な食感と甘くないタレと穴子の滋味と

kurokawa.jpg穴子目指して築地へ。 路地に佇む「黒川」の前には、ふたりほどの空席待ちがありました。 店内へ程なく。 カウンターに5席と4人がけテーブル2卓のこじんまりした店内です。 早速「穴子天丼」 をお願いしました。
ほー、見るからに旨そうだ。kurokawa01.jpgカリリと揚がった穴子天を無造作に食む。 軽妙な食感を損ねない程度に回しかけられた決して甘くないタレが穴子の身の滋味と重なって、 うまひ。 姫蓮根の天麩羅もあわせて、ガツガツと一気に食べてしまう。うん、満足。 最初のひと口を慌てて齧ったせいで、口の中ヤケドしてしまいました(笑)。 「黒川」 中央区築地6-21-8 03-3544-1988
column/01541

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*