ステーキ「COUNTRY HOUSE RESTAURANT」で リブアイ

countryhouse.jpgサイパン再訪の最初の夜は、ステーキを喰ってやろうとホテル近くの「カントリーハウス」へ。 茶褐色の板張り内装と同色の調度品の店内をカーボーイハットのウエイトレスが闊歩していました。 全編ウエスタン調の設えってことですね。 ひとまず「オニオンリング」とビールを注文んでから、メニューを再検討。330gの「リブアイステーキ」に挑むことにしました。
ビールに続いて、「オニオンリング」の大皿が届く。 うわ。コレだけでお腹いっぱいになりそうだ。 そこへコーンスープ、サラダ、ライスとともに焼けたステーキのプレートがやってきました。 ドーン。countryhouse01.jpg見ただけで満腹という気がしなくもないものの、涼しい顔を装ってナイフをいれます。 ミディアムでお願いしたはずが、ほとんどレアな焼き具合だぞ。 前半はこれぞ肉の味ともいうべき味わいが楽しめるも、分厚い脂身や切れない筋といった難敵も現れて、格闘状態に。 無理して食べることもないのに、何故か頑張ってしまって肉だけなんとか完食しました。 うう、苦しい。 しばらくお肉は遠慮しときます、って思っちゃうね。 「COUNTRY HOUSE RESTAURANT」 CALLER BOX PPP 658 BOX 10000,Saipan 670-233-1908 http://www.countryhouse.co.jp/
column/01483

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*