Garlic Restaurant 「2298 GROTTO」で 空芯菜炒エビチリ

2298.jpgダイブショップ「PASTIME」に前回お世話になった時に、「PASTIME」での昼食といえばそのお隣にあった「2298 GROTTO」のお弁当でした。 今回は、その「2298 GROTTO」でしっかり夕食をいただこうと、DFSの先へと出掛けていきました。 あれ?なんと、以前「PASTIME」があったところが2298になっているじゃありませんか。 内外装が整えられて、いい感じです。 導かれるまま、右奥のテーブルへ。
店名よろしく、これでもかとにんにくを前面にてんこ盛りした料理ばかりかと構えながらメニューを開くと、中華風アレンジの料理をメインに、タイ風、和風、さらにはイタリアン系統のオリジナルな装いの料理たちが並んでいました。 「アボカドとマグロのカルパッチョ 」は、厚手のガラスにマグロのたたきとアボガドが整然と盛り付けられていて、意外や洒落た感じで、しかも旨い。229802.jpg ほうほう、サイパンで空芯菜かとお願いした「空芯菜のタイ風オイスター炒め」は、しゃっきりとした食感とオイスターソースのはっきりした辛めの味付けがビールに良く合う。 229803.jpg229804.jpg 「CUPPER」とは、懐かしい清涼感のあるきゅうり割りです。 そして「2298風エビのチリソース」がなかなかに絶品だ。 到底ひと口では食べれない大振りな海老をハフハフいいながら齧れば、にんにくの利いたチリソースと身のしっかりした海老の旨味がじ~んと広がってくる。 229805.jpg229807.jpg もうひと皿をと「豆板醤を使った四川風マーボートーフ」もいただく。辛旨い。 こちらの店主の近藤氏は、サイパンに根を下ろして、昼は海、夜は店の暮らしを堪能されているよう。229801.jpgショップではない形で、ダイバー交流の場を提供しているとも云え、兄貴分として慕うダイバーも多そうだ。 「2298 GROTTO」 PMB_.21,P.O BOX10003, Garapan, Saipan 670-233-2298
column/01486

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*