Chinese Restaurant「胡同MANDARIN」で 赤黒き麻婆豆腐

hutong.jpg丸の内仲通りの「胡同MANDARIN」へ。 右側の厨房をガラス越しに眺めながら、通路をテーブルへと進みます。 辛いものが得意でないくせに、「四川担々麺」にしようか「麻婆豆腐定食」にしようか迷ってみる。 う~ん。 ホールスタッフに声をかけて、「麻婆豆腐定で」と告げると、「辛いですが、大丈夫ですか」と訊かれてしまう。 短く「ええ」とは応えたものの、不安が過ぎるのね。
届いたお皿には炒められた大きめの赤唐辛子が幾つも混ざり込んで赤黒い。hutong01.jpg流石にこれ齧っちゃったらヤバイな、と好き嫌いしてピーマンを避ける子供のように箸で摘み出してから、レンゲで掬い、さらにご飯も掬って口にもっていく。 時折山椒が弾けて香りが鼻に抜けるものの、身構えた割には辛くない。 「吉華」のは、頬がピリピリ震えたものな。 ご飯をお代わりして、の完食です。 厨房との間がしっかりガラスで遮蔽されているけど、ガラスがなければ、動かす鍋の音や刻まれる包丁の音、立ち上る炎などが臨場感を持って感じられそうだ。 でもそうすると食堂になっちゃってコンセプトに合わないことなんだろうね。 際コーポレーションの展開です。 「胡同MANDARIN」丸の内店 03-5208-4764 http://www.kiwa-group.co.jp/
column/01493

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*