イタリア料理「ISOLA SMERALDA」で牛蒡使いパッパルデッレ

isolasmeralda.jpg「ISOLA」系統の店を訪れるのは、随分と久しぶりだ。 丸ビルにわさわさと大勢の人がおのぼりさんしていた頃は、比較的カジュアルなコチラのお店でも結構な混雑が見られてんだろうと思う。 そんなビル開業時の喧騒も今は落ち着いて、並ぶことなく席を得られます。 テラス脇のテーブルへ。
PRANZO Aを「ペペロナータのブルスケッタ」、1日30食限定の「豚挽肉とキノコ、牛蒡のクリームソース、自家製パスタ、パッパルデッレ」でお願いします。 熱々に温められた皿に盛られた自家製パスタは、3cm弱ほどの幅広パスタ。isolasmeralda01.jpgエリンギと思しきキノコと粗挽きの豚肉、そして断面を大きく斜め切りされた牛蒡の塩のしっかりしたクリームソースとよく合う。 生パスタゆえのオツなところなのでしょう。 そして、牛蒡を使ったパスタは初めてだ。 「ISOLA SMERALDA」は、キッチンストリートにある「DA CIBO」や六ヒル「サドレル」「レスタジ」、そして「リストランテキオラ」を擁するグラナダの展開です。 「ISOLA SMERALDA」 千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング5F [Map]  03-5288-6228 http://www.granada-jp.net/
column/01495

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*