BRASSERIE「AUX AMIS」で D.Bacchantesでアローズ

auxamis2.jpg21時過ぎから空腹を抱えての丸の内仲通り。 少し思案して、ひと影疎らな雨の中を新東京ビルへ。 ガラス越しに奥寄りのテーブルが空いている様子に、安堵です。 「AUX AMAIS」は、銀座のフレンチ&ワインバー、「オザミ・デ・ヴァン」の姉妹店だ。 3種類のプリフィックスコースの品から、アラカルトで5皿をチョイスしました。
トロリシットリとしたベーコンがアクセントのサラダ「松木さん家の色々な野菜とイベリコ豚ベーコンのセザール皇帝風サラダ」。auxamis2_02.jpgどのあたりが”皇帝風”なのかは、うん、ちょっと分からない(笑)。 香草のソースが一興の「フランス産ビオロジックサーモンのマリネ」。 auxamis2_03.jpgauxamis2_06.jpg 熱々のプレートでやってきた「オホーツク産ホタテ貝のナント風グラタン」。 「アローズのオゼイユ風味」のアローズとは、ロワール河を遡上する幻のニシンと云われているもので、日本初上陸だそうだ。auxamis2_04.jpg確かに独特の匂いがニシンそのものです。 そして「鴨もも肉のコンフィとカルカッソンヌ風カッスーレ」。auxamis2_07.jpgナイフで大胆に削ぎ落とす鴨の肉も旨いが、その鴨肉のベースに仕込まれた白インゲンの煮込みもいい。 auxamis2_05.jpg1本目のコートデュローヌ「D.Bacchantes」は、リストに”バラの花束”と謳われている通り、香りも味わいも優美な華のようで美味しい。 この3日間フェアを展開しているというロワール地区のリストから「Anjou “Gamay”」を2本目に。 こちらは、どこに焦点を当てていいか分からないぼんやりとしたもので、ちょっと残念。 空腹紛れにグイグイ飲んでしまった(笑)けれど、バーカウンターでテリーヌやカナッペ、カッスーレでグラスワインを数杯いただく、という利用もいいかもしれないね。 「AUX AMIS」 千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル [Map] 03-6212-1566 http://www.auxamis.com/brasserie/
column/01026 reprise01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*