備長炭七輪焼肉「温弗」で げたカルビ豚カルビ上カルビ〆うどん

ondoru.jpg焼肉店を求めて八丁堀から茅場町をひと巡り。 期初の金曜日ということもあってか、 どの店も混み合っている。 「温弗」で、なんとかひとテーブルを確保できました。 「温弗」と書いて、「おんどる」と読む。 オンドルは、韓国で使われる床暖房のことだね。
「ナムル」「キムチ」や「韓国焼のり」で生をグイっといきつつ、肉の到着を待ちます。 まずは「若鶏焼」。なかなかにジューシーでこれはこれで旨い。 ondoru02.jpgondoru05.jpg 続いて登場の高級霜降り和牛と括弧書きされた「上カルビ」をパクつく。 「チヂミ」や「韓国焼のり」「ナムル」で変化をつけつつ、韓国焼酎をつゅるツュル。ondoru04.jpg そして出色の「げたカルビ」。ondoru03.jpgアバラの間の部位とのことで、脂の甘みの中からストレートな旨味が襲ってきて、これまた堪らん。 ondoru06.jpg一方の「豚カルビ」の脂が上品に思えてしまうのが楽しい。癖のない脂からは滋味がこぼれます。 〆には「カルビうどん」。ondoru07.jpgコレ位の辛さが丁度いいな。 茅場町の備長炭七輪焼肉「温弗」。ondoru08.jpg全体に落ち着かない雰囲気なのと、足元の玉砂利で靴が黴が生えたように白くなるのが難も、お肉のラインナップはなかなかグッドです。 「温弗」 中央区日本橋茅場町3-3-8 ファストビル2F [閉店] 
column/01445

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*