旬味「森やま」で 真鯖お造り筍味噌漬焼きおでん宝山で酩酊

moriyama.jpg「鳥よし」を目指して足を運んだものの、 空席待ちが何人もいる状態。 ならばとすっと諦めて、界隈を散策する。 そして、例の裏通り沿いにある種の雰囲気を醸していたのが「森やま」です。 階下へ進み、右手のカウンター席に座ろうとして奥のテーブルに視線を回すとそこには、以前十番の蕎麦店でも目にしたことのある奥田瑛二がいた。 西麻布だねぇ(笑)。
まずは、グラスビールとともに色鮮やかな「天豆」を。 ビールから早速、黒糖の「天下一」に切り替えて、 「真鯖のお造り」、ザ・酒の肴「茎わかめの山葵和え」、「筍の味噌漬け焼き」をいただく。 moriyama02.jpgmoriyama03.jpgmoriyama04.jpg足の早いことで知られる鯖のお刺身って、意外と食べる機会が少ないものです。 筍は、滲みた味噌とともに香ばしさとシャクっとした食感が楽し旨し。 目の前の大鍋に浸ったおでんがやっぱり気になってお願いしたのが、 「森やま特製 野菜おでん盛り合わせ」。moriyama05.jpg煮崩れさせたり練り物で濁らせたりしない、上品な仕立てのおでんがしっとり旨い。 やっぱり大根が一番だね。 そして、パリっとした皮目と滋味深い身のコントラストを堪能できる、 「大山地鶏の炭火焼き」。moriyama06.jpgと、「宝山芋麹全量」が効いたのか、異様に眠たくなって不覚にも一時オチてしまった(笑)。 寝覚めに「稲庭ざる饂飩」で〆る。moriyama07.jpg佐藤養助謹製でしょうか。 「森やま」 港区西麻布4-10-1 B1 [Map] 03-5466-9555  http://www.aji-moriyama.com/
column/01471

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*