ラーメン「じらい屋」で じらいやらーめんかためとりたまのりにんにく

jiraiya.jpg以前、20時前後に店の前を通った時には営業している気配がなかった。 早仕舞いのお店なのかなぁと思っていたら、然に非ず。 21時を過ぎた頃に店を開けるらしく、22時前に店前に辿り着くと、寒空の下に数人の空席待ちができていました。 へー、武蔵小山にも行列のできるラーメン屋があるんだと、ちょっと感心。
L字カウンターに7席程度の店内をおひとりで賄っています。 決して応接が朗らかなタイプではなくて、どこか一抹の緊張を強いる気難し系キャラの大将ですが、実直な印象も窺える。 構えることなく注文しましょう。 「じらいやらーめんにとりたまとのりめんかたにんにくすこしで」。jiraiya01.jpg黒に近いスープの色に一瞬怯むも、妙な塩辛さやとげとげしさはなく、意外にさらりとしながらフルボディの旨味が襲う。 なんだろ、このスープ。 どのジャンル・系統にも振り分けられないし、メインの素材がなにかも皆目分からない。 でも旨い。 固めにお願いした麺もしゃきしゃきとして、いい。 店主推奨のトッピングとされている「とりたま」は、荒い鶏の挽肉とざく切りの玉葱を炒めたもの。 どんぶりの底にもたっぷりと沈んでいて、なんか得した気分だ。 そもそもこんなトッピング他所にないよね。 なんでそんな遅い時間帯の開店なのかというと、どうやらラーメン屋のオヤジ業は副業らしい。 それで、不定休で営業時間帯も前後がある訳か。 看板が逆さまなのもそのあたりに由来しているそう。 店全体にオヤジの拘りが色濃く映っています。 「じらい屋」 品川区小山3-6-21 [Map] 03-5498-3927
column/01421

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*