シチュー専門店「銀之塔」で 煮え滾る土鍋シチューご飯お代わり

ginnoto.jpgずっとずっと気になりつつ敷居の高かった「銀之塔」へ行っちゃいました。 洋食屋のつもりでいたら、迎えてくれたのは紺色の暖簾。 小上がりがを脇目に奥へと案内された席の脇には、障子が設えられていました。 1955年創業という「銀之塔」の店内は、ノスタルジックな味わいを感じさせます。 歌舞伎座の近くという立地ゆえか、代々の歌舞伎役者の贔屓筋となっているらしいンだ。
早速「シチュー」を。 「ビーフ」「ヤサイ」「ミックス」の中から「ミックス」を選びました。 グツグツと煮え滾る土鍋に入ったシチュー。ginnoto01.jpgまずはひと口舐めてみる。 ほうほう、コクも旨味もたっぷりとしていながらすーっと解けていくようなソースだ。 すぐさまご飯が欲しくなる。 ビーフはといえば、レンゲの先でも切れてしまう程に柔らかい。 ソースとともにご飯にのっけて、掻き込む。 ヤサイものせては、また掻き込む。 で、結局ご飯を2回お代りしてしまった。 うむ、満足。 帰り際にタンにも思えた肉の部位を尋ねると、バラ肉だという。 手に入り難いであろうタンを使っていれば「タン・シチュー」と云うだろうから、その通りなんだろうけど、ホント、タンみたいな食感なんです。 「銀之塔」本館 中央区銀座4-13-6 [Map] 03-3541-6395 http://www.ginnotou.shop-site.jp/
column/01433

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*