古川喜春シチューの店「銀座 古川」で ポークカツカレーに凭れる

furukawa.jpg周囲を通り縋ることは幾度となくあっても、凡そ用事のないニューメルサビル。 初めてニューメルサのレストランフロアへ昇ってみました。 8Fには、恵比寿や自由が丘で会える「ニャー・ヴェトナム」、二期リゾート系列の「銀座由庵」、7Fにはあの「みかわや」の分店、「妻家房」などがテナントしていました。 その中の1軒、「銀座 古川」へ。 欧風創作料理、シチューやカレーの専門店というフレコミです。
値段を鑑みるにそこいらの食堂のひと皿とは相当違うんだろうと期待してお願いしたのが「ポークカツカレー」。 大き目の皿のライスの上に、色濃く揚がったカツ、そしてドロリとした如何にも濃厚そうなカレーがかかっています。furukawa01.jpg揚げたてのカツをハフハフさせながらカレーを絡ませて口に運ぶ。 いやはやなんとも、鈍くて重たい印象のカレーだ。 コクがあるなんていう加減の利いたものではなくて、これでもかと”濃さ”が責めてくる。 うう。 それでも残しちゃいけないと全部食べたら、凭れてしまいました。 店名のショルダーフレーズにある古川喜春氏とは帝国ホテル「ユーリカ」の元料理長らしい。 ホテル内レストランにありがちな、硬直したレシピを感じてしまったのですが、いかがでしょうか。 「銀座 古川」 中央区銀座5-7-10 ニューメルサ7F [Map] 03-3574-7005 http://www.ginza-furukawa.com/
column/01437

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*