饂飩 「くろさわ」で 黒豚カレー南蛮背後から主張する出汁の旨み

kurosawa.jpg“世界のクロサワを食の黒澤で”と、 監督黒澤明を企画の軸に置いた永田町「黒澤」から派生した饂飩の店「くろさわ」へ出掛けてみました。 住所は六本木6丁目。 麻布十番商店街の最奥に位置しています。
プロデュースが黒澤久雄、 饂飩の監修があの翁達磨の高橋邦弘氏、と記されていました。 丁度満席になったところらしく、しばし待った後カウンター中央へ。 ざるの「胡麻汁」や「鴨汁」も気になるものの、 この寒空の下、足を運んだ目的のカレーうどんをと「黒豚カレー南蛮」をお願いします。

ひとまず汁を啜るとカレー味の背後からしっかりした出汁の旨味が主張してくる。kurosawa01.jpg薩摩産本枯本節、土佐産本枯寒目近節というソウダガツオの節、極上本枯サバ節という3種の節に厳選した干し椎茸、利尻昆布を使ったという。 クリーミーさがウリの「古奈屋」と比べると、料理屋が作った饂飩です、という風情があってこれはこれで悪くない。 麺も頃合のよろしいコシとツヤのもの。 決して辛くはないけど、一気に汁まで完食し終えた頃からどっと汗が出るんだ。

kurosawa00.jpgところで、 翁達磨の高橋氏って蕎麦屋の大御所じゃなかったっけ。


「くろさわ」 港区六本木6-11-16 中銀六本木マンション1F [Map] 03-3403-9638  http://www.9638.net/
column/01352

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*