味噌煮込みうどん「山本屋総本家」で 親子煮込み東京初出店

yamamotoya.jpgあの名古屋の超有名店「山本屋総本家」が東京に進出してきた。 なにを隠そう、以前名古屋を訪れた時には、名古屋駅からタクシーで直行して完食し、食べ終えて店から出たところでそこが「山本屋本店」だったことにやっと気づいて愕いた、という逸話を持っています(笑)。 「山本屋本店」と「山本屋総本家」は本流と傍流をお互いに争っていて当地のヒトでもおいそれと触れられないような空気が流れている(ような気がする)。 その一方の、しかもかの地では果たせなかった店との対面が東京でできると、いそいそと出掛けていきました。
場所は凸版印刷のお膝元。 神田といっても秋葉原が最寄りになります。 昭和通りから入った雑居ビルが乱立する中にあるお店は意外に狭い間口で、1階のカウンター廻りを見る限りでは小料理屋の風情。 「山本屋本店」がゆったりしっとりとした店内で、お新香のサービスにもホスピタリティを感じさせてくれたの対して、小さく、悪く言えばチープにまとめてしまった感じがして、少なくとも名古屋を代表する銘店の風格がないのが残念なところ。 張り込んで「親子煮込み」にしてみます。yamamotoya01.jpg例によってどんぶりを小皿代わりにするお作法でいただく。 どれだけ煮込んでもこんなにゴリッとしたままなのかな、と思わせる味噌煮込みうどん独特の麺はいいとして、安くない金額なのだから自慢の玉子やかしわをもっと沢山入れてくれてもいいのになと思うのは贅沢でしょうか。 「山本屋総本家」神田和泉店 千代田区神田和泉町1-10-8 松和ビル [Map] 03-3861-5030 http://www.yamamotoya.co.jp/
column/01297

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*