中国粥店「謝甜記」本店

shatenki.jpg山下町交番近くの「謝甜記」には、何度もその前を通りながらお邪魔する機会がありませんでした。みなとみらい線開通後初めての元町・中華街駅からアプローチ、気取らない食堂風の店内へ。「時菜炒牛肚(モツ野菜炒め)」をあてにしてビールを少々。そして目的の粥を「皮蛋痩粥(ピータンスタミナかゆ)」で。別皿の醤油と葱を回しかけてひと混ぜ。程よい塩加減で、ぶつ切りのピータンがアクセントになってなかなかイケル。さらっとした粥ではなくて、コクさえ感じる仕上げです。満腹。特に臭みを感じるところもないので香菜が必要とは思えないけどね。帰りには近くの「江戸清」で「ブタまん」を仕入れて。 「謝甜記」本店 横浜市中区山下町165 045-641-0779
column/01133

「中国粥店「謝甜記」本店」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*