櫃まぶし「いば昇」で お作法に沿っての櫃まぶし

ibasho.jpg 櫃まぶし発祥の店といわれている老舗「いば昇」。 池のある中庭を迂回するようにくねくねと奥へ伸びる不思議なレイアウトの、味ある店構えです。 目的の「櫃まぶし」にお吸い物をつけて。 ibasho02.jpg短冊状の鰻が鏤められた三人前のお櫃ibasho05.jpgから小ぶりの茶碗へとってかき込む。 鰻の身と皮とが香ばしく甘めのタレもこの際いい感じで、タレの滲みたご飯ともともに一気喰い。
伺った作法により、2杯めを薬味のっけで。 ibasho03.jpg ibasho04.jpgそして、3杯目を茶漬けで。 タレを足したとしてもお茶漬けにしてしまうと折角の鰻の旨さが半減するね。 他の有名店ではお茶ではなくてだしを注すようだけど、それでもそのまま食べるほうがおいしいと思います、恐らく。 それにしてもイイ値段ですなぁ。妹ファミリーと一緒に。
「いば昇」 名古屋市中区錦3-13-22 052-951-1166
column/01012

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*