博多らーめん「赤のれん」で 濃くクセないスープと極細麺の健在

akanoren.jpg記憶の中では初めて食べた博多らーめんはここのであったようなことになってる。 「じゃんがら」よりも「まる金」よりも早かったような、少なくとも本格(何が「本格」は議論があるとして)博多らーめん店の東京進出とワクワクしながらわざわざ西麻布まで行った憶えがあります。
この日のオーダーは、「チャーシュー麺+味付玉子+ネギ多め」で。 いつもの「のり」は、今日はなし。 akanoren01.jpg濃いけれどクセのないスープと平打ち極細麺は、うん、健在です。 どうも一時混同してたけど、「福のれん」は「赤のれん」のまさにのれん分け展開らしい。 丸ビルにも出店しているね。 「赤のれん」 港区西麻布3-21-24 第五中岡ビル1F [Map] 03-3408-4775
column/00651

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*